道長のキャスト!待ってました~~~~イェーーーイ



なんか、前の時よりさらにみっちーと長尾くんの背の高さに開きが・・・・・



みっちーはTVジョンのなにわ男子ディクショナリーのラウールの項目で

自分より背が高いと思えるのはラウールと龍我ぐらいって言ってたけど

もう、その二人と同じぐらいか抜かしてない????182cmぐらいはありそう。



今回は最初に大阪天満宮へ。



石碑にガラス発祥の地ってあるんだー。

昔の宮司さんの名前が読めない二人
(ていうか普通に読めないと思うわ人名だし)



今の宮司さんの説明によると、

最初にその宮司さんが長崎までガラス工芸の作り方を学びに行き

全国に広まっていった。

最盛期には900ものガラス工場が大阪にあった。




って聞いて驚く二人。

長尾くん「(数が)コンビニですやん!」

みっちーがすかさず手でやめなさいってツッこみ入れてましたww。



造幣局が硬貨を作る時に出す廃棄物・・

水酸化なんとか??がガラスの原料で

安くその原料をガラス工場に払い下げていたので

大阪に沢山のガラス工場があったそうで




1日体験できるガラス工房で作家さんから学びました。

最初のイメージは、

みっちーは黒とピンクの模様

長尾くんは黄色とオレンジの模様のガラスのコップ


最初にみっちーが作って、

その間作業工程を見ながら長尾くんが動きを真似てイメトレをしてて



あと1回吹く工程をすると大き目のコップになるけど、

辞めて小ぶりなグイ飲みぐらいのグラスにしたみっちー。



長尾くんはイメトレをしてたのでよりスムーズに出来てたし、

かなり真剣にやっていたね。

長尾くんは「コップにします」って言って

みっちーより2周りぐらい大き目なグラスが完成




みっちーは大人っぽく、長尾くんは元気いっぱいな

イメージどおりのグラスが完成



二人とも若いので覚えが早かったとお褒めの言葉もいただき、

「作るのが楽しかった。

これをきっかけに全国でもガラス工芸がもっとメジャーになるといいですね」

とみっちーがしめました。



長尾くんは

アートとか造形とか創造する事にすごく興味あるみたいで

今回とても真剣に取り組んでて、

今後アート志向がもっとキャラとして出てきそうな予感もありますね。


日本のガラス工芸の歴史的な事も知れて面白かったです。