なにわ男子愛しちゃってます☆

なにわ男子の活動を応援するブログです。

なにわ男子の活動を応援するブログです。
関西住みではないのでほぼ茶の間。よろしくお願いします。

2019年11月

ライブ全滅続きでかなり落ち込んでこちらのブログの訪問者様にまで

ご心配をおかけしました。ごめんなさい。


よくよく考えてみると、当落は単純に名義の数の問題もあるし

個々の名義の持ってる運みたいなのも有ると思います。

JUMPの自名義は、なんだかんだ1名義で普通のアリーナライブは激戦時でも当選してたので。

気分も変えたいので、髪色髪型を変えたり断捨離して運気も上げて上げて行こうと思います。



それと気が付けて良かったのは、

茶の間のヲタ活(現場以外の活動)に時間を割きすぎて

他の趣味がおざなりになってしまってた事。

趣味がジャニーズだけになってた事です。

ハンドメイドというか、そっちの趣味にも時間使って有意義な生活をしたいです。



らじらー


リアタイできました。


大体のメンバーが2か月振りで、大ちゃんも。

メンバーが7人だから、そうですね、と。



2回とも大阪での収録ばかりなので、文一くんはより久しぶりに感じたそう。



昨日佐藤勝利くんの家に行った話

(昨日目情で東京で大ちゃんとりゅちぇとみっちーと長尾くん?恭平?忘れましたが

何かの収録ロケしてたみたいですねー。その前後かな?きっと)

犬にぺろぺろ舐められたそうです。



広島ライブでこっそり言って欲しい言葉のリクエスト

広島弁が多かったですねー。


大ちゃんのキャラとセリフで新しい世界を5つ見つけるコーナー

なんか面白い話し方だった・・・


あとはトランプをめくって無茶ぶりに応じるっていう・・

ちょっとこのあたりの記憶がなくて・・・w



ライブの前に必ずすることは、大ちゃんは歯磨き。口内環境を良くして滑舌良くしたいから。

文一くんも磨くがお客様に申し訳ないから。2回公演の2回目の前は忘れる事も多いと。



クイズは大ちゃんが最近嬉しかった事。

これも答えのあたりの記憶が無い・・・



メンバーのスクープは、りゅちぇとロケに行って寝顔が可愛かったこと。



















マガジンは週刊TV誌


TVガイド、ジョン、ライフ


ステージのリポは全誌載っていました


ジョンだけかな?昔のグラビアのオフショットもありました。




TVジョンα



グラビア



夜の街で全員のグラビア


テキストは、グループ結成前じは喋ったことが無い人同士が多かった。


丈くんは和也くん大ちゃん以外は話したことが無いぐらい


和也くんとの関係は良くも悪くも変わっていない。



大ちゃんは若い人にどう接していいか分からなかったが今はずっと一緒なので家族みたいになった


各々のファンについて。


主にファンレターの内容から



みっちーは自分と同年代か年上ファンが多くダメ出しも凄くしてくれるので上の階をもっと見てと書いてくれて

もっと見なくては、と気が付いたりする



りゅちぇのファンは一緒に頑張ろうという人が多い。それを読んでまた頑張ろうと思える


長尾くんのファンは甘やかしてくれる


大ちゃんのファンは長文でそこが自分に似てる


恭平のファンはおばかな内容が多い。それは自分に似てるというより合わせてくれている




あとはライブリポもありました。





関バリ自体は翌日には聴いてましたが、案の定城ホのライブは全滅で


ちょっとメンタル的にも何もする気が起きず、ファーストライブに参加できなかった人と



難度も参加できた人では格差も凄いし、マガジンのリポを読んでも理解度違いますし




これが運命ってずっと全滅してる人のツイートも多くて


自分もなにわ男子とのご縁は薄いのかなと思います。



情報局じたい、1回しか当たってないし、今後期限切れまでに当たるかな?


ドームの関西ジュニアも申し込みましたが、どうなるかな?




今迄の熱量では応援は続けられないかもしれません。

勿論同じマガジンのチェックとTVラジオのチェックは続けますが

かける時間が変るというか。。


ヲタ活の時間でできなかった他の趣味とか美容系動画も随分観てなかったのに気が付いたり


ちょっと他にも目を向けたいと思います。


じゃないと本当に辛すぎます。







この日の関バリは



特に覚えてるのは、丈橋の呼び名が恭平と丈なら?

橋丈か?

とか、

天気予報で恭平が大阪北部か中部をシレっと南部って読んで

2人からしっかり目に注意を受けてたり


クイズは2018年のJK、JCの流行語ランキングで

あげみざわとか当たったぐらいであとはタピるとか


企画会議をまたするそうです。



次回は録音



↑このページのトップヘ