なにわ男子愛しちゃってます☆

なにわ男子の活動を応援するブログです。

※現在は坦降りしております

なにわ男子の活動を応援するブログです。
関西住みではないのでほぼ茶の間。

タグ:大西畑

とれ関 7月19日

風雅くん久しぶりですね。

自分でも言ってたね。結構出る人の偏りあるよね


身長が伸びて、前も言ってた気がするけどお母さんが大きいと

160台後半あるから遺伝でまだ伸びますと。


みっちーもご両親身長高いみたいですしジャニーさんだったら成長後の姿も見抜いてたことでしょうね

大ちゃんの身長いじりが先週のこじけんからも続いててどんだけwか

今度のゲストのこたろう君でもある??



レコメン 7月23日 りゅちぇゲスト


3時間もレコメンてあるんだね  部分コーナーしか聞いた事がなかった

りゅちぇがドリアイのサブタイトルを決めた理由とか

万博の有識者会議の事とか

昔の思い出話もありましたねーー。

中学時代に桐山くん?(声の判別がちょい分からん時も)

のお誕生日にお母さんが握ったおにぎり2個のうち1個をどうぞ、とくれようとした

可愛らしいエピソードとか

これも、桐山くん?か不明ですが


独り暮らしワンルームの部屋に泊まりに来てフェレットと遊んでくれた

古謝くんと夜中に盛り上がってバレーボールで遊び始めた話とか


あんまりなにわ男子内のエピとかメンズ校の撮影の話が無かったのは残念ですが


りゅちぇが自粛期間にダイエットに成功して

ジュースは今はほぼ飲まなくなりお水を大量に飲むようになり

夕飯は4時か5時に食べた後は水しか飲まない、のんでもトマトジュース


その状態で運動


これでスッキリやせた話




真似したいけど意思が強くないとできないや

でもりゅちぇめっちゃすっきりシュっとしたよね

水とか夕飯時間とか真似したいです




昨年恭平がゲストで出た時はアホだったと言ってました・・・聞き逃しました



ラジオはだいたい追いつけたかな・・


らじらーが聞き逃し配信がなかったので



ドリアイに向けて上下縦関係でゲスト行き来してますね~~

あと、webも良く分かんないけどグリーンの交流見られるけどいまいち意味が良く分かってません笑


この番組は関西ローカルですし、初めて観ました。


水野真紀さん久しぶりにTVで拝見。V6長野くんも。

お料理が好きなタレントさんが出てるんだね。


ゲストで大西畑が紹介されて、


家庭で作れるサンラータン麺の作り方と試食のコーナーでした。


りゅちぇ「大先輩の長野くんのお隣で緊張しすぎて長野くんの方を見られないですw」
     「お父さんみたいな存在です」


大ちゃん「僕の名前の大吾は、実は長野君主演のウルトラマンティガのダイゴ隊員役から両親が付けた名前」



これに長野くんも大盛り上がりでした。

大ちゃんのお父さんが48才か9才で、長野くんとほぼ年齢が変らない!www

りゅちぇぐらいの年齢の子が居ても違和感無い、と。



サンラータン麺の黒酢と醤油のかわりになる調味料は?のクイズはポン酢でした。

ポン酢で作ったサンラータン麺を二人も試食、おいしいです。


あと、スタジオの菅さんのリクエストで、

大ちゃんが単独で輪になって踊ろうのサビを踊るというファン歓喜のサービスも。

ファンというか、水野真紀さんが見たかった、と言って御礼を言っていました。

BGMではずっと僕空がかかってて、それも嬉しかったですね?





長野くんは感じが良くて自分も好きなジャニーズの1人です。

JUMPを観に行った時ですが

24時間TVと舞台クイーンエリザベスで生で観ましたが

舞台は特に前から4列目で観られて、長野くんはめちゃくちゃかっこよかった。彫りが深くて整っていて。

足も長かったです。






亀岡の砥石を学びに大西畑。

砥石って本物は高価っていう事しか知りませんでしたが

まさに職人の技、

そして採掘抗の中に入ってまさか砥石の原石を採掘までやるとは思いませんでしたから

貴重映像でした。


砥石になる原石は、はるかハワイの南方の海域で堆積されてできた石が

プレートの移動で日本に運ばれて


それが亀岡の山から採れるようになったということ。

今では貴重な原石なので採掘抗の場所は秘密で特別に撮影班は連れて行ってもらったそうです。


石はなめらかですが、石によって何を研ぐのに向いてるか違ってくるそうで

カンナ向け、包丁向け、日本刀向け

キメの細かさというか、紙やすりの番号によって粗さが違う感覚なのかな?


日本の包丁が高品質だから買いに来る外国人が多いですが

砥石も合わせて買って帰ったり、砥石を買うために来日する外国人もいるそうです。


ためしに100均の包丁で段ボールを切ってもうまく切れないが

研いでから切るとスパっと切れるという実演もりゅちぇが冒頭にやりました。



石を採るのは、坑内の天井部の石の割れ目にバールみたいな長い棒を差して

テコの原理でグっと体重かけると、剥離してゴロっと落ちるのですが

りゅちぇの石は普通サイズでレンガぐらいでしたが、大ちゃんが落とした石は

カラーボックスぐらいの大きさが落ちて

くだけて割れて電子レンジぐらいの大きさの石になって唖然としてましたね


なかなかそんな大きさは採れないらしいです。


それを山の頂上から専用手作りリフトでおろしてトラックに積む仕事も重くて重労働



原石は研磨機で整えて出来上がり


大ちゃんの石はおおきかったので20万円相当で

スタジオの男性アナは料理もするみたいで砥石も持ってるが欲しそうでした。

石表面の触った触感はイルカの肌みたい

っていうのには大ちゃんもウンウンとうなずいてましたね。


自分も、イルカとは南知多ビーチランドで握手したことがあるので

なんとなくあんな感じというのは伝わりました。


これで、大西畑は

堺の包丁と、亀岡の砥石も学んだので、次はまな板を学びたいそうです。









↑このページのトップヘ